タグ:裁断 ( 4 ) タグの人気記事

スーツジャケット18(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は表地に芯貼りを行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜17(P)もご覧下さい^^)

切りじつけを終わらせたところです。
d0368074_12472046.jpg

表上衿、裏上衿は全面芯貼りをするので、切りじつけはせずにノッチのみにしています。表見頃と見返しも芯貼りなのでノッチで良かったかな、、、。


切りじつけがついたままだと、芯を貼ったあと中に残ってしまう可能性があるので、芯貼りをする部分のみ絹糸で縫います。しつけ糸は芯を貼って糸を抜くときに切れるので、絹糸を使います。後ろ脇見頃です。
d0368074_12485223.jpg

表側に糸が多くでるようにします。(糸が少し出ている裏側に芯を貼ります。)


後ろ見頃です。袖口に芯貼りをしますので、袖口のみ絹糸に変えました。
d0368074_12505441.jpg


芯は接着芯を使います。薄手のウールでカーブの多いデザインなので、柔らかい仕上がりになるストレッチのあるものにしました。(写真取り忘れ)


芯は見頃の上部から貼っていきます。縮みなどで誤差が出た場合、誤差を裾線で調節できます。
d0368074_12510616.jpg

はみ出した接着剤でアイロン台が汚れないようにハトロン紙こツルツル面を使います。本当はアイロン側にも当てた方がいいです。接着剤(今回はドットタイプ)が溶けて表地と馴染むように強く押し当てていきます。ドットが残っている時はアイロンが足りません。あてすぎると接着剤が染み出すので注意します。


なかなか時間が取れず洋裁がすすまないので、今回は進んだところだけの投稿しました。次回は芯貼りを終わらせて、縫いに進みたいと思います。

ここまでお読みいただきましたてありがとうございます110.png


ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-05-02 13:30 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット16(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
だいぶ期間が空いてしまいました。その間もご訪問いただいており、誠にありがとうございます。今回は紙パターンでパターンチェックを終わらせたものを、きりじつけの為に再度布パターンに戻し、裁断を行っていきます。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜15(P)もご覧下さい^^)

今回はこちらの布を使います。布を購入する際に、裏地とミシン糸、手縫い糸、穴糸、ファスナーを併せて購入しています。
d0368074_20340891.jpg

ミシン糸は一巻で足りるか足らないか微妙なところです。ジャケットの後のスカート制作で切れるかもしれませんので、その際に追加購入します。

ライトグレーの布地はカノニコのSUPER100'Sです。オールシーズン。
d0368074_20352160.jpg

このライトグレー、昨年これで作ろうと手配をしたのですが、夏前だったことでほとんどのカノニコが問屋欠品でした。(夏の終わりに商品入れ替えの為だそうです。)入れ替え後も同じものがあったので、冬に購入することができました。前作には間に合いませんでしたが、このライトグレーは人気でロットを増やしたようで、前シーズンより、少し割安になっていました。

広げて縦に二つにたたみ、布の端(耳の部分)の折り柄を頼りに横地をあわせます。中表にしておきます。
d0368074_21024621.jpg

ピン止めで生じた、布のよれを軽く削いでなおします。
d0368074_20340880.jpg


二つに畳んだまま、外面にきている布の裏側へアイロンをあててシワをとります。地の目が狂っている場合やウールなどは全面に満遍なく霧吹きをして袋にいれ一晩おいて、地詰めをしてから同様にアイロンをあてます。(布によっては地詰め不要のものもあります。)
d0368074_20340810.jpg

アイロンは滑らせず、少しずつ浮かしてずらし、抑えていきます。

アイロンが終わったら布を広げ布パターンを配置していきます。今回はスカート分とギリギリで購入したので、かなりきつめの配置です。
d0368074_20354467.jpg


布の端(耳の部分)とパターンの地の目線の間を数カ所図り、水平になるよう(地の目が通るよう)ピンを打ちます。
d0368074_21143545.jpg

ここでピン打つ際のコツは、裁断時やきりじつけの際に邪魔にならないよう、出来上がり線や交点を避け、裁断の邪魔にならない場所にしておきます。

裁断前に、布の端(耳の部分)から切り離されてしまうハギレ部分には、地の目が分かるようにしつけ縫いをしました。
d0368074_20355710.jpg


裁断(粗立ち)を行いました。布パターンはドレーピングに使用した際に縫い代が少なくなった部分があった為、縫い代をつけられていません。今回は粗立ちして、きりじつけの際に縫い代をつけます。
d0368074_20361687.jpg



ここまでお読みいただきましたてありがとうございます110.png
次回は切りじつけについて記載したいと思います。上期は仕事・イベントが多くなる予定なので、更新がゆっくりになると思います。

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-04-02 06:23 | 洋裁記録 スーツ

ワンピース(綿花柄)11(S)

今回からソーイング(縫製)に入っていきます。布地を触って、組み立てていくのが楽しい工程です。

糸はシャッペスパンの#60 薄地用の黒です。ミシン針も薄地用(ブルー)を使用します。

まず、後ろ中心のファスナーつけを行います。過去の記事でもご紹介した内容となりますので少し記載を省略します。なお、今回はワンピースでファスナーの頭にホックを付けますので、出来上がりから0.7センチほど下げた位置に付けました。

コンシールファスナーをミシンで付けた後の、終わりの部分。留金がありますので、進めるところまで進みます。
d0368074_16415162.jpg


コンシールファスナーのミシン縫いの終わりから縫い合せ位置までの間は、左右を手縫いで留めます。返し縫いです。
d0368074_16455033.jpg

折りが繊細なので、シャッペの2本取りで様子見。ミシンで始末する方法もありますが、私は手縫い派です。

ファスナーが付きました。あて布をしてアイロンを軽くあてます。(中心にファスナーが付いています。)
d0368074_16481404.jpg


縫い代のアイロンのあたりが気になる場合は、縫い代と布地の間に紙などを挟み、当てます。参考例
d0368074_20405075.jpg

但し、裏地を付け完成させた後には、その様にアイロンをあてることはできませんし、クリーニング店によってはそこまで考慮していただけずバッチリあたりが出て帰ってくることもあります。個人的には、そういう場合は、ロックミシン処理に拘らないという選択もします。

その他の見頃の脇を縫い合せて行きます。直ぐに本縫いしています。
d0368074_16415343.jpg

布地、お仕立てのレベルによっては本布地の段階でさらに仮縫いを重ねます。

本布地で仮縫いといえば、鈴木健次郎さんは本布地の仮縫いの後に、なかなかのパターン修正をされていましたが、縫い代の処理はどうしているのだろう。プロフェッショナルのテクニックは未知数で日々勉強させられます。

縫い合せ途中です。こちらもボディに着せながら、進めていきます。一辺縫う事に縫い代をアイロンで割ります。
d0368074_16481687.jpg


最後は筒状になります。最後の辺は馬を使って縫い代を割ります。
d0368074_20405157.jpg


次回は、順番が前後しましたが、伸び留め処理、見返し縫い合せなどを予定しています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます110.png洋裁楽しい

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-12-12 07:20 | 洋裁記録 ワンピース

ワンピース(綿花柄)9(P)

今回はパターンへの縫い代付け、裁断を書きたいと思います。

試着補正の結果を漏れなく反映させます。裾や脇の縫い合せなど、布パターン上で修正した内容も忘れずに。線に変更が入っていますので、再度パターンチェックを行います。

パターンチェックが終わったら、縫い代をつけていきます。(縫い代無しパターンとする場合もあります。)
今回は後ろ中心にはファスナーが付きますので、後ろ中心は2センチ、ネックライン、アームホールは見返しが付きますので1センチ、その他の縫い合せはロックミシン仕上げにしますので、ロックメスでカットする分を考慮して1.2センチ、裾は4センチとしました。
d0368074_23322411.jpg

定規の横の寸法線を使いながら、縫い代線を薄く描きます。

薄く縫い代の線をつけたら、カットしていきます。私はハサミを使いますが、カッターやローリーカッターを使う方もいらっしゃると思います。カッターを使う場合はカッターボード、鉄製または一部鉄製の定規を使います。
d0368074_23322508.jpg

地の目、各パターン名称、ファスナー付け位置(ヒップライン上)、輪(わ)断ちの印も記載しておきます。

出来上がったパターンを布に置いて、裁断検討を行います。今回は差し込みとしています。柄や布地に上下がある場合は一方向になります。(実は布地が限られていたので、入りきる範囲も考慮しながらパターンを作っていました。ピッタリ(ギリギリ)です。)
d0368074_23322774.jpg


通常は布端から定規で水平線を取り、地の目を合わせます。今回の布は折りで地の目が分かるので、この折りの部分と決めてピンを打ち(写真上部中心)そこに地の目を合わせました。
d0368074_23322927.jpg

布と紙パターンをピンで固定。布の上に、紙なのでピンが打ちずらいです。布が滑り、印位置がずれないよう細心の注意をはらいます。ツマミ補正を行った場合などは、布パターンを使う場合もあります。自分のものにはあまり使いませんが、切りじつけをする場合も布パターンだと上からでき、印が確実です。切りじつけの場合は縫い代線にピンがかぶらないようにします。ピンが邪魔で切りじつけがしずらい為。次回製作予定のジャケでは切りじつけを紹介したいなと思います。

裁断が終わりました。
d0368074_23323192.jpg


余り布はこちら。見返しに使います。その後の残布で、共布ベルトや髪飾りなどを作っても素敵です。
d0368074_23323239.jpg


今回は切りじつけ無し、各所ノッチを入れます。
d0368074_23323488.jpg


パターンから外して、ボディに置いています。切りっぱなしでバイアスが伸びやすいので弛ませ加減でピン打ちしています。
d0368074_23323552.jpg


次回は、見返しのパターンメイキング、見返しの裁断、接着芯貼りをしたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます101.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いませんし、他の洋裁ブログも必見です☆)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-12-08 06:54 | 洋裁記録 ワンピース

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る