スーツジャケット1(P)

新年明けましておめでとうございます。昨年はたくさんの方にご訪問いただき、ありがとうございました。今年も、制作記録と私が洋裁を始めたばかりの頃に見たかった、知りたかったそんな内容をほそぼそと綴って行きたいと思います。少しでも洋裁の楽しさが伝われば幸いです。本年もどうぞよろしくお願い致します^^

さて、今回はスーツジャケットを作成したいと思います。前回作成したのがボックスシルエットでメンズライクなものだったので、今回はカーブやウエストを絞った女性らしいデザインにしたいと考えています。

2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザインを参考にしたいと思います。
d0368074_11482944.jpg

流れるような線とカーブが美しく、見ていて飽きないデザインです。特に裾の交差とRの具合がすごく好きです。

まず二分の一ボディでデザイン模写・トワル検討を行います。ボディは文化のものを使用。
d0368074_11292280.jpg


デザインからダーツや切り替え線、パーツそれぞれの配分比率を出して、全く同じように作る場合がありますが、今回は自分用を作る前提ですので、日本人の体型にあわせて比率も適宜調整したいと思います。
d0368074_11294144.jpg

ピークドラペルにウエストにベルト風切り替え、ハートのカットワークホール、よく見て気が付きましたが、袖付けが縫い合わせてではなくダーツの様です105.png変形ラグラン。ゴージーラインの縫い合わせが不明。模写できるか分かりませんができるところまで挑戦してみたいと思います。

実際に作るときは、袖付けとハートのカットワークホールはデザイン変更するかもしれません。

デザインを確認しながら、ボディテープを入れていきます。ボディテープは0.1センチを使用しています。
d0368074_11300286.jpg


大きく貼った後、角度やボディテープの位置を針先で微修正していきます。後ろの衿こしからの返り線は首から離れているようです。
d0368074_11302990.jpg


ハートのカットワークホールも入れて行きまます。カーブが強かったり、細かいデザイン部分はテープを細かくつなぎあわせておくと、変更がし易いです。
d0368074_17545713.jpg



(おそらく)デザイン線を全て写し取りました。並べて見たり、写真で見たり、遠くから見たりして誤差がないか確認します。
d0368074_23451787.jpg

にらめっこしながら線を修正し、ピタッと嵌る線がでると、思わずニヤリとしてしまいます。本当に素晴らしいデザインです、、、

後ろ身頃は資料が無いため、前のデザインとあわせて想像しました。
d0368074_23180649.jpg

後ろのパネルライン、またはウエストダーツは、肩〜袖にかけてのラグラン袖をドレーピングしてから、適宜デザイン検討したいと思います。

次回はドレーピング(立体裁断)を行っていきたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます101.png

もしよろしければ更新の励みになりますので、ポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ




[PR]
# by salon-de-sanuu | 2018-01-04 06:12 | 洋裁記録 スーツ | Trackback

ワンピース(綿花柄)16 完成

ご訪問いただき、ありがとうございます♪今回は、ワンピースの完成試着を掲載したいと思います。

鏡越しの自撮りなので画質が悪いですが、ご了承下さいませ。


d0368074_17192155.jpg


(参考トワル組立時の前)
d0368074_08164900.jpg



d0368074_17194183.jpg


(参考トワル組立時の横)
d0368074_08165716.jpg

トワルの質感・ハリと、実物の布での再現性を確認しました。


試着補正(ワンピース(綿花柄)8(P)で行った全体のバランスの補正について、
補正は、その人の体型にあわせてパターンを修正し、シワやツレを取り除き、被服圧を分散し、着心地をよくします。また、オートクチュールはそれだけではなく、その人を美しく見せる補正操作も行います。

女性はスレンダーに見せたい願望があるものですが、だからといってピッタリ(ピチピチ、ボディコンシャスという意味)すぎると逆に太ってみえたり。かと言ってオーバーサイズでゆとりがありすぎても、やり過ぎると太って見えたりします。

補正は目の錯覚を利用して、このバランスを微妙に操作して行います。簡単な例ですが、ウエストの位置にウエストを設定するのではなく、ウエストから1〜2センチ上に服のウエストを作ります。また一番ヒップの突出している部分、ヒップラインも同様に僅かに高く設定します。やり過ぎると違和感がでてしまいますし、布がついて来ないので、錯覚させられる数ミリ、数センチ程度の話です。

(お恥ずかしながら)参考画像を載せます。私はウエスト寸法とヒップ寸法の差が大きいヒップ優勢体型(JIS規格B体型)です。バランスよくスレンダーに見せるには出来るだけ、ヒップの張りを抑えたいと思っています。

左は通常着用状態です。右が前身頃を引っ張り実物の体型を浮き出した状態です。
d0368074_17195469.jpg

左で見た人が自然と意識するヒップ位置・足の付け根位置に比べ、右の実際のヒップ位置・足の付け根位置がだいぶ下にあります。体型に忠実に作るのではなく、美しくバランスになるよう作意して補正をしている例でした151.png

今回はヒップの張りを抑えるように補正していますが、逆にウエストとヒップの差が少ないA体型(JIS規格)(日本人に多い体型)では、ヒップの張りを出すように補正することで、ウエストのくびれを強調させ、メリハリのある魅力的なバランスにします。

この種の補正は、さまざまあります。着心地が良いと本人が感じるだけでなく、その服を着ている時にスタイルが良くなった(痩せた)?キレイになった?と周りの反応が違うと、嬉しいですよね。それがオートクチュールの強みだと思います。

今後も、製作履歴とともにそんな事も少しずつ書いていきたいなと思っています。洋裁の楽しさが伝わればいいなと思います。長いワンピース製作でしたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

次回はスーツの予定です。スカートで10回、ワンピースで16回だと、スーツは一体何回に、、、30回?果たして見て下さる方がいるのかは分かりませんが105.png私が洋裁を始めた頃見たかった内容として、ほそぼそと綴っていきたいと思います。

もしよろしければ更新の励みになりますので、ポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by salon-de-sanuu | 2017-12-31 09:16 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

ワンピース(綿花柄)15(S)

ご訪問ありがとうございます♪今回は、ファスナーや裾のしつけ縫い等、仕上げを行っていきます。

ファスナーに裏地をピン打ちで留めていきます。コテで付け印を折山にしていきます。(右下の指の手前にコテ印があります。)
d0368074_23173661.jpg


その後、しつけ糸でとめます。まとめて手縫いをする準備です。
d0368074_22595037.jpg


裏地の裾も三つ折りでピン打ち→しつけ縫いします。裏地が夏物薄地なので扱いが難しく、今回はしつけ縫いしました。
d0368074_23174760.jpg


裾もロックミシンをかけて、まつり縫いの為にしつけ縫いをしました。
d0368074_23180720.jpg


裏地、表地ともにアイロンで落ち着かせます。裾のアイロンですが、今回は薄地なので裾にバッチリアイロンをかけるとペラッとしてしまいますので、軽く抑える程度にしています。中肉〜厚地の場合はしっかりかけます。
d0368074_23182688.jpg


裏地の裾をミシンで本縫いします。
d0368074_23185307.jpg

ミシンはこれで最終使用となります。

ここからはひたすら手縫いとなります。肩線の縦まつり縫い、ネックラインの星留め、ファスナーのまつり縫い、ホック付け、星留め、表裾のまつり縫い、糸ループと続きます。

一部紹介
ネックラインの星留めです。縫い代止めミシンとする方もいらっしゃるかと思います。表地はすくわず、見返しと縫い代2枚のみを縫っていきます。この星留めは少しだけ引き加減にします。
d0368074_23190745.jpg


少しだけ引き加減にすることで、僅かに内側に向くカーブを作ります。ほんの僅かなところではありますが、このカーブが身体を包み込み、ネックライン、肩周りに吸い付くようなフィット感がでます。
d0368074_23192939.jpg


続いてファスナーもまつり縫いをします。裏地の折山から、ファスナーの織り糸を1本のみ救います。
d0368074_23194371.jpg


裾もまつり縫い、糸ループつけをします。今回は、両脇に付けました。
d0368074_23200220.jpg


次回は完成試着を掲載したいと思います。ここまでお読みいただき、ありがとうございます102.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by salon-de-sanuu | 2017-12-29 15:25 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧