<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

スーツジャケット24(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は袖を作っていきたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜23(P)もご覧下さい^^)

見頃の縫い合わせが終わったので肩線、衿へと入っていきたいのですが、今回はラグラン袖なので、袖の処理から行いたいと思います。

開き見せと反対側をミシンで縫い、縫い代を割ります。
d0368074_08163567.jpg


出来上がりに折り、アイロン
d0368074_08165767.jpg


しつけをかけてミシン縫い
d0368074_08171863.jpg


内袖の開き見せの角に切り込みをいれて、開き見せの出前までアイロンで縫い代を割ります。
d0368074_18200977.jpg


筒状になるので、馬を使っています。
d0368074_18204936.jpg



出来上がりにアイロンをした袖を返し縫いでとめます。表には見えないように。その後、重なり部分も手縫いで綴じます。
d0368074_08180284.jpg


両方終わらせました。
d0368074_15231045.jpg



ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png
次回は袖山のいせ込みの為のぐし縫い代など縫を行いたいと思います。


ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-06-04 06:10 | 洋裁記録 スーツ | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧