カテゴリ:洋裁記録 スーツ( 29 )

スーツジャケット29(S)

ご訪問いただきありがとうございます!今回は表見頃と裏地の縫い合わせをしたいと思いますた。

まず、袖に付いている裏地の袖付けダーツを縫い合わせます。そして、身頃の裏地のラグラン部分を縫い合わせます。ミシンで届くところまでミシンで縫い、カマ底あたりは最後に手縫いで巻き込みながら縫いますので開けておきます。
d0368074_13112806.jpg


その次に、表襟と裏襟を縫い合わせます。四つ止めしてからしつけをかけ、ミシンで、縫い合わせます。裏地側(内)は裏地に側に縫い代を倒し、表地側(外)は、細かく切れ目を入れてから割ります。縫い方はトワルの仮縫い時と同じです。
d0368074_12231432.jpg


表襟と裏襟がズレてゴロゴロしないように、中閉じをしています。
d0368074_12273263.jpg



ゴージーラインは縫い代を整理してから割ります。
d0368074_12225086.jpg


左右ともラペルから見返しの裾までをミシンで縫い合わせます。縫い代は段差を付けてカットし、割ってから、また片倒しでアイロンをます。アイロンをする際、ラペルは折り返して見返しが表に出ますので、表見頃側を2ミリ控えます。ラペルの折り返し点~裾までは、見返し側を2ミリ控えて、アイロンをあてます。
d0368074_12333685.jpg

↑2ミリ控えてアイロン


ハートのホールの部分はカーブがきついので、縫い代に細かく切れ目を入れます。アイロンをかけただけでは不安定で浮きが出てしまいます。
d0368074_12342963.jpg

d0368074_13051619.jpg


星止めをして、落ち着かせます。表にでるほうの布は裏に張っている芯地だけをすくうように縫います。
d0368074_12352998.jpg



開けていたカマ底の裏地を縫います。底点から左右3~4センチ程度は袖付けの縫い代を巻き込みまつり縫いと星止めで仕上げます。脇の裏地がもたついたり、全体が自由にずれ動きすぎないように留める役割です。
d0368074_13053098.jpg


ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png後半かなり飛ばしてきましたが、次回完成回とする予定です。

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-11-05 06:57 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット28(S)

ご訪問いただきありがとうございます!今回は裏地やハートホール、飾りベルトなどの作業をしました。


裏地は全て縫い合わせます。見返しは表地になっています。見返しは反り返り分を考慮したパターン展開で別に作ったものになります。
d0368074_22561676.jpg



ハートホールです。つける布はカーブが強いので、形が馴染むようにバイアスにしています。裏から縫えるところまでミシンで縫い、後は表から手まつり縫いします。カーブには切り込みを入れます。
d0368074_22562578.jpg


ベルトとラインを切りじつけします。
d0368074_22560259.jpg



バイアスで取ったベルト布を付けて上辺だけミシン縫いします。
d0368074_22570564.jpg


カーブにはこまめに切り込みを入れています。
d0368074_22571749.jpg


下辺のまつり縫い用にしつけをかけたところです。
d0368074_22573975.jpg



あとはまつり縫いでとめていきます。
d0368074_22575008.jpg



飾りベルトが付くとがらりと印象が変わりました。模写対象は付いているのですが、無い方を見慣れているせいか違和感が、、、。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-10-08 06:50 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット27(S)

ご訪問頂きありがとうございます!今回はラグラン袖付けです。

しつけぬいです。前のラグランから脇を通って後ろのラグランまでぐるりと縫い合わせます。
d0368074_22174642.jpg


肩に少しいせ込み。後ろのパネルラインと袖付け線と、袖の縫い合わせが近接しているので、大混乱。ばっちり決まればと流線型で綺麗ですが、ゴロゴロするし縫いにくいので要注意です、、、
d0368074_22175951.jpg

これもまだ布が無理しているのでしばらく仮縫いで慣らしてから再調整しました。ウエストのパネルラインのしわは縫い代がつれているためにでるものなので、本縫いあとに縫い代を割り切り込みを入れて消します。


本縫いします。
d0368074_22181964.jpg


縫い合わせたら、脇以外は縫い代を割ります。カーブの強いところは切り込みを細かく入れます。内回りのところは縫い代ご重なり厚みがでる場合は、重ならないようにカットします。
d0368074_22181907.jpg


次は袖山にゆき綿をつけます。ゆき綿手作りしました。袖山から二の腕にかけてぺこんとならないようふっくら支えてくれます。アイロンでカーブをつけます。布は共布のバイアスです。
d0368074_22292711.jpg


袖山のなかに仕込みます。しつけ縫い、本縫いをじす。ここらへんは画像と文章では説明しようもない狭く複雑な作業です。
d0368074_22300060.jpg


その次に肩パットをつけます。つけるときは逆ぞりになるので扱いにくいですか、裏返してしっくり収まるように微調整しながらつけます。
d0368074_22312514.jpg

黙々と夢中で作業したのと、細かくて立体が強いので詳細は割愛です汗

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-10-05 06:00 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット26(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は袖を作っていきたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜25(P)もご覧下さい^^)

袖は見頃へつけると裏地が煩雑なので先に裏地を付けてしまいます。表地の動きを邪魔しないよう、ゆとりを持たせて、五ミリ外側を縫います。
d0368074_18382270.jpg


出来上がりのしつけから、内袖側に倒してアイロンします。
d0368074_18383211.jpg


表地(裏)の内袖上に、乗せます。出来上がり線と表地(裏)の縫い代の中心があうようにします。
d0368074_21424281.jpg


縫い代に裏地の縫い代をとめます。ゆるめにしつけでとめます。
d0368074_21551748.jpg


そのあとぐるりんと裏返して、袖口と肩口から10センチのところを一周づつ、仮縫いします。見頃と合体させて操作するうちにぐちゃぐちゃにならないようにします。
d0368074_21553455.jpg


袖口は、五ミリ余裕を持たせて奥をまつります。これは最後の仕上げにまとめてしようとおもいます。
d0368074_21570055.jpg


ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-10-03 06:37 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット25(S)

本業多忙のためしばらくお休みしていました。撮り溜めたものを記事にしていきます。写真も少なく記憶も薄れているため、かなり端折ることになりそうですが、最後まで記録として。今回は袖を作っていきたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜23(P)もご覧下さい^^)

袖山のいせ込みの為のぐし縫いをしました。
d0368074_15284276.jpg



アイロンを使っていせ込み、肩山の丸みをつけます。
d0368074_18270218.jpg



ピンでとめます。
d0368074_18311500.jpg


しつけぬいします。しつけは切りじつけやぐし縫いと見分けるため赤色を使っています。
d0368074_18314287.jpg



ミシンで本縫いします。
d0368074_18322008.jpg


縫い上がったところです。
d0368074_18344798.jpg



次は袖に裏地を付けたい思います。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png


ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-10-02 06:25 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット24(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は袖を作っていきたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜23(P)もご覧下さい^^)

見頃の縫い合わせが終わったので肩線、衿へと入っていきたいのですが、今回はラグラン袖なので、袖の処理から行いたいと思います。

開き見せと反対側をミシンで縫い、縫い代を割ります。
d0368074_08163567.jpg


出来上がりに折り、アイロン
d0368074_08165767.jpg


しつけをかけてミシン縫い
d0368074_08171863.jpg


内袖の開き見せの角に切り込みをいれて、開き見せの出前までアイロンで縫い代を割ります。
d0368074_18200977.jpg


筒状になるので、馬を使っています。
d0368074_18204936.jpg



出来上がりにアイロンをした袖を返し縫いでとめます。表には見えないように。その後、重なり部分も手縫いで綴じます。
d0368074_08180284.jpg


両方終わらせました。
d0368074_15231045.jpg



ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png
次回は袖山のいせ込みの為のぐし縫い代など縫を行いたいと思います。


ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-06-04 06:10 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット23(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は見頃の縫い合わせを行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜22(P)もご覧下さい^^)

前回までで前身頃の伸び止めテープやダーツ処理を行いましたので、今回より見頃の縫い合わせをしていきたいと思います。

後ろ見頃の接着芯は襟付け周り、袖口、裾となります。襟付け周りと袖口は一続きにする場合が多いですが今回はラグラン袖なのでラグラン袖縫い合わせの部分を避けて別々にしました。
d0368074_07255075.jpg


ミシンで縫ったあと、縫い代をアイロンで割ります。
d0368074_07261380.jpg


次は、後ろ見頃と後ろ脇見頃。肩甲骨の部分にいせ込みがある場合はぐし縫いをしてから縫います。
d0368074_07263299.jpg


後ろ見頃合体
d0368074_07264525.jpg


前身頃も
d0368074_07265898.jpg


合体
d0368074_07271076.jpg

パーツが繋がるとすごく進んだ感じがします。が、まだまぁここからが長い、、、。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png
次回はラグラン袖に取りかかっていきたいと思います。


ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-05-29 06:39 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット22(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は見頃ダーツの縫い合わせを行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜21(P)もご覧下さい^^)

胸ぐせダーツと同様にあて布をつけます。ダーツ量の多い部分は縫い代を割るので、あて布はしていません。
d0368074_01071853.jpg

縫い代をカットしていますが、ミシンの後でも。

しつけ縫いをした状態。あて布が中心側になるようにあてています。
d0368074_01071869.jpg


ダーツ先端は返し縫いにせず、糸を引き結びます。返し縫いをすると先端にゴロッと厚みがでてしまうのでそれを防ぎます。
d0368074_01071803.jpg


余分な縫い代をカットします。(先の左見頃は先にカットしていましたが、右見頃はミシン後にカットしています。)
d0368074_08214312.jpg


胸ぐせダーツと同様に縫い代を霧吹きをして、アイロンで割ります。あて布部分はあて布を片倒しにして割ります。ここでもまんじゅうを使って自然なシルエットになるようにしました。
d0368074_08222087.jpg


アイロンで割ったら、まんじゅうであら熱を取りながら押さえ続けます。戻ってくるのを防ぎきれいに割れます。
d0368074_08220894.jpg


あて布部分が多過ぎだので、やり直し。あて布を短くカットして、縫い代をカットしています。
d0368074_08223455.jpg

充分割れる幅なので、こんなにいらなかったです(汗

やり直し後。
d0368074_08224385.jpg


いらないかなと思っているチビダーツ(模写対象にはあるように見える、、、)も同様に縫い合わせて、前身頃の処理は終わりです。
d0368074_18361585.jpg


ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png
次回は後ろ見頃の縫い合わせと見頃全体の縫い合わせを行いたいと思います。


ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-05-21 06:04 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット21(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は胸ダーツの縫い合わせを行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜20(P)もご覧下さい^^)

胸ぐせダーツの縫い合わせのために、大まかにカットします。
d0368074_01013571.jpg


芯貼りをして、厚みが出ていますので、折り返したダーツの厚みが表にひびかないようにあて布をしてダーツを縫っていきます。あて布は正バイアスです。
d0368074_01013514.jpg

あて布の中心がミシンをかける位置になるように配置します。当てる範囲はダーツ止まりから1~2センチ出るぐらいの長さです。

仮縫いをして余分な部分をカットします。ダーツ止まりからダーツが広がる方へ1~2センチの部分も片側のみカットします。ミシン縫いの後のほうがいいですが。
d0368074_01013580.jpg


ミシンの後ダーツを折っていきます。ダーツは上にしました。(ダーツとあて布、どちらを上にするかはお好みで)切り込みより先端は広げます。
d0368074_01013554.jpg


ダーツで作った胸の立体をつぶさないように、まんじゅうを使ってアイロンをかけます。ダーツを倒して割り、きれいな丸みにします。
d0368074_01013658.jpg


ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png次回は見頃のウエストダーツの縫い合わせを行いたいと思います。

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-05-16 06:16 | 洋裁記録 スーツ

スーツジャケット20(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は芯貼りの続きと伸び止め処理を行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜19(P)もご覧下さい^^)

すべての工程を写真を撮っておらず、思い立った部分のみなので、記載省略している工程も多々ありすみません。(芯貼りも後で見えてくるかと。)

裏衿の芯貼りと伸び止めです。裏衿はバイアスでとっていますので、芯地もバイアスでとります。シワ、、、汗
d0368074_00220031.jpg

芯地はシワにならないように保管しなければいけないのですが、うっかりしていました。表地はバイアスの方向確認のため折り目そのままですが、芯貼りの前にアイロンをかけます。

 芯地を貼り、バイリーンのペアテープを返り線から数ミリずらしてアイロン接着します。
d0368074_00220080.jpg


返り線は布が反り返る部分です。複雑なヨレの力がかかりますので、剥がれないよう返し縫いで補強をします。
d0368074_00220087.jpg

補強の返し縫いは表側には見えないように、表地の厚みの半分ぐらいをすくうように縫います。

返し縫いで縫い止めたもの
d0368074_00220152.jpg


前回伸び止め処理をした、表見頃の返り線のストレートテープも同様に返し縫いで止めます。
d0368074_00305014.jpg


返し縫いでとめたもの。この部分はラペルの裏側になる部分です。見頃に沿うように少し引き加減にします。
d0368074_00220170.jpg


ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png次回はダーツの縫い合わせを行いたいと思います。

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-05-11 06:15 | 洋裁記録 スーツ

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る