スーツジャケット23(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は見頃の縫い合わせを行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜22(P)もご覧下さい^^)

前回までで前身頃の伸び止めテープやダーツ処理を行いましたので、今回より見頃の縫い合わせをしていきたいと思います。

後ろ見頃の接着芯は襟付け周り、袖口、裾となります。襟付け周りと袖口は一続きにする場合が多いですが今回はラグラン袖なのでラグラン袖縫い合わせの部分を避けて別々にしました。
d0368074_07255075.jpg


ミシンで縫ったあと、縫い代をアイロンで割ります。
d0368074_07261380.jpg


次は、後ろ見頃と後ろ脇見頃。肩甲骨の部分にいせ込みがある場合はぐし縫いをしてから縫います。
d0368074_07263299.jpg


後ろ見頃合体
d0368074_07264525.jpg


前身頃も
d0368074_07265898.jpg


合体
d0368074_07271076.jpg

パーツが繋がるとすごく進んだ感じがします。が、まだまぁここからが長い、、、。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png
次回はラグラン袖に取りかかっていきたいと思います。


ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
トラックバックURL : https://salondesanuu.exblog.jp/tb/26762418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by salon-de-sanuu | 2018-05-29 06:39 | 洋裁記録 スーツ | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧