スーツジャケット22(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は見頃ダーツの縫い合わせを行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜21(P)もご覧下さい^^)

胸ぐせダーツと同様にあて布をつけます。ダーツ量の多い部分は縫い代を割るので、あて布はしていません。
d0368074_01071853.jpg

縫い代をカットしていますが、ミシンの後でも。

しつけ縫いをした状態。あて布が中心側になるようにあてています。
d0368074_01071869.jpg


ダーツ先端は返し縫いにせず、糸を引き結びます。返し縫いをすると先端にゴロッと厚みがでてしまうのでそれを防ぎます。
d0368074_01071803.jpg


余分な縫い代をカットします。(先の左見頃は先にカットしていましたが、右見頃はミシン後にカットしています。)
d0368074_08214312.jpg


胸ぐせダーツと同様に縫い代を霧吹きをして、アイロンで割ります。あて布部分はあて布を片倒しにして割ります。ここでもまんじゅうを使って自然なシルエットになるようにしました。
d0368074_08222087.jpg


アイロンで割ったら、まんじゅうであら熱を取りながら押さえ続けます。戻ってくるのを防ぎきれいに割れます。
d0368074_08220894.jpg


あて布部分が多過ぎだので、やり直し。あて布を短くカットして、縫い代をカットしています。
d0368074_08223455.jpg

充分割れる幅なので、こんなにいらなかったです(汗

やり直し後。
d0368074_08224385.jpg


いらないかなと思っているチビダーツ(模写対象にはあるように見える、、、)も同様に縫い合わせて、前身頃の処理は終わりです。
d0368074_18361585.jpg


ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます110.png
次回は後ろ見頃の縫い合わせと見頃全体の縫い合わせを行いたいと思います。


ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
トラックバックURL : https://salondesanuu.exblog.jp/tb/26758285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by salon-de-sanuu | 2018-05-21 06:04 | 洋裁記録 スーツ | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧