スーツジャケット18(S)

ご訪問いただきありがとうございます ^^
今回は表地に芯貼りを行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜17(P)もご覧下さい^^)

切りじつけを終わらせたところです。
d0368074_12472046.jpg

表上衿、裏上衿は全面芯貼りをするので、切りじつけはせずにノッチのみにしています。表見頃と見返しも芯貼りなのでノッチで良かったかな、、、。


切りじつけがついたままだと、芯を貼ったあと中に残ってしまう可能性があるので、芯貼りをする部分のみ絹糸で縫います。しつけ糸は芯を貼って糸を抜くときに切れるので、絹糸を使います。後ろ脇見頃です。
d0368074_12485223.jpg

表側に糸が多くでるようにします。(糸が少し出ている裏側に芯を貼ります。)


後ろ見頃です。袖口に芯貼りをしますので、袖口のみ絹糸に変えました。
d0368074_12505441.jpg


芯は接着芯を使います。薄手のウールでカーブの多いデザインなので、柔らかい仕上がりになるストレッチのあるものにしました。(写真取り忘れ)


芯は見頃の上部から貼っていきます。縮みなどで誤差が出た場合、誤差を裾線で調節できます。
d0368074_12510616.jpg

はみ出した接着剤でアイロン台が汚れないようにハトロン紙こツルツル面を使います。本当はアイロン側にも当てた方がいいです。接着剤(今回はドットタイプ)が溶けて表地と馴染むように強く押し当てていきます。ドットが残っている時はアイロンが足りません。あてすぎると接着剤が染み出すので注意します。


なかなか時間が取れず洋裁がすすまないので、今回は進んだところだけの投稿しました。次回は芯貼りを終わらせて、縫いに進みたいと思います。

ここまでお読みいただきましたてありがとうございます110.png


ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
トラックバックURL : https://salondesanuu.exblog.jp/tb/26694757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by salon-de-sanuu | 2018-05-02 13:30 | 洋裁記録 スーツ | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧