スーツジャケット14(P)

ご訪問いただきありがとうございます^^ドレーピング(立体裁断)により作ったパターンの試着補正を行いましたので、今回は最終パターンを縫い代付きで作っていきたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜13(P)もご覧下さい^^)

縫い代を付けていきます。見頃、袖の縫い合わせは1.2センチ、裾は4センチ、衿付けやアームホール、ラグラン縫い合わせは1センチ、ラペルは1センチ、ラペルの返り以降は1.2センチとします。

後ろ中心はガイドラインの中心線と交錯し分かりづらいので、内側に移動させ中心線とします。
d0368074_20443086.jpg

他のパターンも同様に、縫い合わせやデザイン線の邪魔にならないところへ地の目線を移動させます。

縫い代は、出来上がり線からとっていきます。カーブ部分は定規をカーブに沿って回転させるように動かしながら、出来上がり線に対して直角に点を取っていきます。
d0368074_20445797.jpg


縫い合わせの終わりは、縫い合わせ線を延長し、対角の縫い代線と交わった点から直角にとります。
d0368074_20451655.jpg

縫い合わせた後に縫い代をアイロンで割りますので、その時に縫い代が左右均等になります。

縫い代が付いた状態です。同様に後ろ脇、前身頃、袖、上衿と続けていきます。(記載省略)
d0368074_20453538.jpg


問題の変形ラグランの袖山部分です。手前に向かって消えていくダーツですが、袖山のいせ込みに縫い代を優先して使える様に、袖側に縫い代を譲る形で付けました。
d0368074_20460001.jpg


これも悩ましい、打合せ部分のハート型のホール部分です。模写対象同様にホールにすると普段使いで目立ちすぎますので、デザイン線のハギのみにして、ホールは塞ごうと検討していました。
d0368074_21191477.jpg

しかし、それではデザインが大きく損なわれますので、下になる見頃はホールを塞ぎ、上になる見頃はホールをそのままにしようと思います。

その為、下になる見頃は、上になる見頃のホールより大きくなければなりません。ハートを線対称に複写し、ホールをカバーできる様に形に修正を加えました。ちら見えしないように1センチ欲しいところでしたが、他との繋がりを考えて0.5センチほど出しました。
d0368074_20462161.jpg


袖のあきです。こちらは機能性はほとんどなく、飾りの要素が強いものになります。無しにしようか迷っていますが、一応パターンにしました。
d0368074_20464454.jpg


次回は上衿の裏と、見頃の見返し(ラペル)の縫い代付きパターンを作成したいと思います。
衿とラペルは返り線により折り反る構造の部位になります。折り反ることで、外回りと内回りでは大きさが微妙に異なります。なので、それぞれに裏・見返し用のパターンが必要となります。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました110.png

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
トラックバックURL : https://salondesanuu.exblog.jp/tb/26518604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by salon-de-sanuu | 2018-02-27 06:39 | 洋裁記録 スーツ | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧