スーツジャケット13(P)

ご訪問いただきありがとうございます^^今回はジャケットの試着補正を行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜12(P)もご覧下さい^^)

試着
d0368074_20431885.jpg

(試着画像は鏡越し自撮りの姿見部分だけをトリミングするので、毎度画質悪くで申し訳ありません。)

身幅のシルエットが模写対象よりダブついていたので少しツマミ補正
d0368074_19305966.jpg

つまんで0.4センチ(0.8センチ)分を最大にして袖下、ウエスト周りで0センチに。

着用してみると裾のアールがあまり目立たず無難に収まりすぎていることに気が付き、(デザインの気に入っているポイント)カーブをより強調しました。
d0368074_19312477.jpg

画像右側が補正済

前裾線の補正に伴い、後ろ裾線も繋がりよく変更。内袖と外袖のハギ部分も着用すると、私の腕では中心がずれましたので後ろへずらします。
d0368074_20433770.jpg

画像左が補正済

ボディで検討し完璧にしたつもりでも、実際に着てみる着心地や動き、印象が加わり補正が出てきました。

補正を紙パターンに反映させます。
裾線
d0368074_19320558.jpg


バスト周りのツマミ補正分
d0368074_19322930.jpg


ウエストダーツは、直線に直さずあえて湾曲したカーブを残すことにしました。
d0368074_19324506.jpg

カーブはデフォルメしてより単純なものに書き換えたり、直線にしてソーイング(縫い)を容易にする場合・様式もありますし、あえて出たままのカーブを使う場合・様式もあります。
今回は無理が効く(イセや伸ばしアイロンが効きやすい)布地を使う予定で、カーブがポイントのデザインなのでこのまま活かしてみようと思います。

前身頃の裾線を変えたので、後ろ脇、後ろ見頃とつながりを修正します。
d0368074_19331535.jpg


二枚袖のハギの位置を内袖側にずらした分の補正です。肘下から補正しました。
d0368074_19333709.jpg

外袖を出し、内袖を入れています。


d0368074_19335658.jpg


ここまでお読みいただき、ありがとうございました110.png

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ



[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-02-23 06:18 | 洋裁記録 スーツ

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧