スーツジャケット4(P)

ご訪問いただき、ありがとうございます(^o^)今回は、袖の続きと後ろ身頃のドレーピング(立体裁断)を行いたいと思います。

(2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザイン模写しています。もしよろしければ、スーツジャケット1〜3(P)もご覧下さい^^)

変形ラグランの袖つけダーツですが、前は決まりましたので、残りの布を使いながら後ろを形作っていきます。
d0368074_23370639.jpg


後ろに回った布はたっぷりあります。
d0368074_23370734.jpg


模写対象を見ると袖の脇に縫い合わせが確認できる点とジャケットという点から二枚袖で作られていると思います。
d0368074_18111674.jpg


シャツ等に使われる袖は1枚袖なので、筒ごと前へ振り方向性を出し、腕の曲げ伸ばしや肘の当たりによる布への負荷を防ぐため、振りにあわせて地の目を通しましたが、二枚袖の場合は形をより複雑にすることが可能なので形自体を腕にあわせて作ります。

袖は一旦筒状にし、二枚袖に外袖と内袖の切り替えを決めカットし、ざっくりと形作りました。後ろ身頃は2面構成にします。切り替え線も前のラグラン袖のデザインから想像で入れました。
d0368074_23371062.jpg

ちょっと無理があるデザインかな。資料が無いのが痛い、、、

後ろ身頃をドレーピングします。肩甲骨からなで上げてネックラインと肩甲骨周りのゆとりをいれます。
d0368074_23371488.jpg

肩甲骨のゆとりの差分はいせ込みますので分散させてピン打ちします。

ピンが多くなってきましたので、一旦二分の一ボディから外して、線の整理としつけ糸での縫い合わせをして、再度後ろ脇身頃と二枚袖のドレーピングを行いたいと思います。

一旦取り外すのでボディラインで入れたデザイン線や切り替え線を鉛筆で点を入れて写し取ります。
d0368074_23371688.jpg


取り外したパターンは鉛筆の点を頼りに線をつなぎ、整理します。続ドレーピングの為、ダーツを縫い合わせ、アイロンで倒し再度組み立てます。
d0368074_21034240.jpg


次回は、後ろ脇身頃のドレーピングと内袖のドレーピングで身頃のドレーピングを完成させたいと思います。その後、衿のドレーピングへと進む予定です。

ここまではお読みいただき、ありがとうございました110.png

ランキングに参加しています。もしよろしければポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ


ハンドメイド・雑貨DIY部門に応募します。
第二回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-01-12 06:19 | 洋裁記録 スーツ

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧