スーツジャケット1(P)

新年明けましておめでとうございます。昨年はたくさんの方にご訪問いただき、ありがとうございました。今年も、制作記録と私が洋裁を始めたばかりの頃に見たかった、知りたかったそんな内容をほそぼそと綴って行きたいと思います。少しでも洋裁の楽しさが伝われば幸いです。本年もどうぞよろしくお願い致します^^

さて、今回はスーツジャケットを作成したいと思います。前回作成したのがボックスシルエットでメンズライクなものだったので、今回はカーブやウエストを絞った女性らしいデザインにしたいと考えています。

2013年春夏のプレタポルテのカルヴェンCARVENのデザインを参考にしたいと思います。
d0368074_11482944.jpg

流れるような線とカーブが美しく、見ていて飽きないデザインです。特に裾の交差とRの具合がすごく好きです。

まず二分の一ボディでデザイン模写・トワル検討を行います。ボディは文化のものを使用。
d0368074_11292280.jpg


デザインからダーツや切り替え線、パーツそれぞれの配分比率を出して、全く同じように作る場合がありますが、今回は自分用を作る前提ですので、日本人の体型にあわせて比率も適宜調整したいと思います。
d0368074_11294144.jpg

ピークドラペルにウエストにベルト風切り替え、ハートのカットワークホール、よく見て気が付きましたが、袖付けが縫い合わせてではなくダーツの様です105.png変形ラグラン。ゴージーラインの縫い合わせが不明。模写できるか分かりませんができるところまで挑戦してみたいと思います。

実際に作るときは、袖付けとハートのカットワークホールはデザイン変更するかもしれません。

デザインを確認しながら、ボディテープを入れていきます。ボディテープは0.1センチを使用しています。
d0368074_11300286.jpg


大きく貼った後、角度やボディテープの位置を針先で微修正していきます。後ろの衿こしからの返り線は首から離れているようです。
d0368074_11302990.jpg


ハートのカットワークホールも入れて行きまます。カーブが強かったり、細かいデザイン部分はテープを細かくつなぎあわせておくと、変更がし易いです。
d0368074_17545713.jpg



(おそらく)デザイン線を全て写し取りました。並べて見たり、写真で見たり、遠くから見たりして誤差がないか確認します。
d0368074_23451787.jpg

にらめっこしながら線を修正し、ピタッと嵌る線がでると、思わずニヤリとしてしまいます。本当に素晴らしいデザインです、、、

後ろ身頃は資料が無いため、前のデザインとあわせて想像しました。
d0368074_23180649.jpg

後ろのパネルライン、またはウエストダーツは、肩〜袖にかけてのラグラン袖をドレーピングしてから、適宜デザイン検討したいと思います。

次回はドレーピング(立体裁断)を行っていきたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます101.png

もしよろしければ更新の励みになりますので、ポチッとお願いします101.png
ブログランキング・にほんブログ村へ




[PR]
by salon-de-sanuu | 2018-01-04 06:12 | 洋裁記録 スーツ

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧