ワンピース(綿花柄)11(S)

今回からソーイング(縫製)に入っていきます。布地を触って、組み立てていくのが楽しい工程です。

糸はシャッペスパンの#60 薄地用の黒です。ミシン針も薄地用(ブルー)を使用します。

まず、後ろ中心のファスナーつけを行います。過去の記事でもご紹介した内容となりますので少し記載を省略します。なお、今回はワンピースでファスナーの頭にホックを付けますので、出来上がりから0.7センチほど下げた位置に付けました。

コンシールファスナーをミシンで付けた後の、終わりの部分。留金がありますので、進めるところまで進みます。
d0368074_16415162.jpg


コンシールファスナーのミシン縫いの終わりから縫い合せ位置までの間は、左右を手縫いで留めます。返し縫いです。
d0368074_16455033.jpg

折りが繊細なので、シャッペの2本取りで様子見。ミシンで始末する方法もありますが、私は手縫い派です。

ファスナーが付きました。あて布をしてアイロンを軽くあてます。(中心にファスナーが付いています。)
d0368074_16481404.jpg


縫い代のアイロンのあたりが気になる場合は、縫い代と布地の間に紙などを挟み、当てます。参考例
d0368074_20405075.jpg

但し、裏地を付け完成させた後には、その様にアイロンをあてることはできませんし、クリーニング店によってはそこまで考慮していただけずバッチリあたりが出て帰ってくることもあります。個人的には、そういう場合は、ロックミシン処理に拘らないという選択もします。

その他の見頃の脇を縫い合せて行きます。直ぐに本縫いしています。
d0368074_16415343.jpg

布地、お仕立てのレベルによっては本布地の段階でさらに仮縫いを重ねます。

本布地で仮縫いといえば、鈴木健次郎さんは本布地の仮縫いの後に、なかなかのパターン修正をされていましたが、縫い代の処理はどうしているのだろう。プロフェッショナルのテクニックは未知数で日々勉強させられます。

縫い合せ途中です。こちらもボディに着せながら、進めていきます。一辺縫う事に縫い代をアイロンで割ります。
d0368074_16481687.jpg


最後は筒状になります。最後の辺は馬を使って縫い代を割ります。
d0368074_20405157.jpg


次回は、順番が前後しましたが、伸び留め処理、見返し縫い合せなどを予定しています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます110.png洋裁楽しい

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-12-12 07:20 | 洋裁記録 ワンピース

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧