ワンピース(綿花柄)5(P)

今回はワンピースのドレーピング(立体裁断)の続き、脇と裾のドレーピングを行いたいと思います。

前脇見頃と後ろ脇見頃を、ボディのサイドでつまみ、ピンでとめます。適宜ゆとり、フィットを検討します。カーブの強いウエストはフィットさせるとツレますので、切込みをいれます。
d0368074_00233381.jpg

余分な縫い代を整理します。


前後がつながり、全体像が形作られました。全体のシルエット・バランスを確認した上で、必要があればピン打ちに修正を加えます。
d0368074_00233569.jpg


着丈、裾の位置を決めます。見頃側で着丈位置を決め、裾線にピンを打ちます。その後は同位置を床上がりで確認していきます。
d0368074_00233694.jpg



ピンを打ち終えたら、縫い代を残し余分な布を整理します。
d0368074_00233822.jpg


裾を出来上がりに折り返してピンでとめ、全体のシルエット・バランスを確認します。必要があれば、ピンを打ち直します。


d0368074_00233907.jpg



d0368074_00234138.jpg


後ろ
d0368074_00234213.jpg


写真撮影後も複数ピンを打ち直しドレーピング(立体裁断)は一旦完了となります。次回はドラフティングに入っていきたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました110.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
トラックバックURL : https://salondesanuu.exblog.jp/tb/26155196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by salon-de-sanuu | 2017-11-28 06:54 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧