シャツ 8(P)

今回は、シャツの半身試着補正を行いたいと思います。
d0368074_14230838.jpg

ドラフティングの際、平面に戻した布パターンを、試着の為に再組立てしていきます。再組み立ては、ドレーピングとは一部違うところがあります。

方法はしつけ糸で縫いあわせたり、落としじつけにしたり、ミシン縫いしたり、補正の出そうなところはピン止めにしたりと色々ございます。

私は自身の試着補正の場合は、しつけ縫い(普通縫い、落としじつけ)が基本で、着用時に肌に触れない部分は簡単にピンどめで済ませる事も。

ヨークは落としじつけでとめます。前立てはアイロンと簡単にピン仕上げにします。
d0368074_14093057.jpg


上衿はかえり線がありますので、折代が内側に来るように反転させて落としじつけし、台衿は折代が内側に来るように落としじつけし、同時に縫い合せます。互いが逆さまに付いているような格好になります。
d0368074_14093135.jpg

しっかり組み立てるコツ、角や端の縫い合せなどの要所には、ひと目落としてとめるようにします。

互いが逆さまのようですが、上衿をかえり線で折り返すと、折り代が見えない状態になります。
d0368074_14093275.jpg


さらに、見頃とも落としじつけと同時に縫いとめます。ピンで止めてから→落としじつけ
d0368074_14093387.jpg

他にも袖、脇を縫い合せます。
今回は記載を省略しますが、次回はシャツの仮縫いの際はそちらを記載したいと思います。

組み立てができましたら、半身の試着補正を行ないます。試着補正は実際に着用する時を想定して、その時つけるインナーを着用します。

前身頃
d0368074_14093453.jpg



d0368074_14093516.jpg


後ろ
d0368074_14093676.jpg

(実際は自身で試着補正しましたが、今回は左半身がインナーとなりますので、写真はボディにて。)

仮縫いの段階で実際の人間の腕・手で位置を見て、カフスを付けてます。
d0368074_22523943.jpg

ドレーピング(立体裁断)のときにカフスまで付ける方法もありますので、お好みで♪タックを向かい合わせでとってみました。チューリップの花弁の様。ポケットは複写して全身にしてから検討したいと思います。

補正結果ですが、見頃、衿、肩などは補正は無しとし、袖の幅を少し見直し、ヒップ周りの寸法も少し足りなかったので脇で2センチ出しました。また全身試着補正にて確認を行ないます。

次回は全身複写と全身試着補正でパターンメイキング完成を目指したいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます151.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-12 06:31 | 洋裁記録 シャツブラウス

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧