シャツ 7 (P)

今回は前回ドレーピング(立体裁断)で作った、トワルパターンのドラフティングを行っていきたいと思います。
d0368074_07372574.jpg



ボディからトワルパターンを外します。打ち揚げられたパターン。
d0368074_15485930.jpg


ピンホールを頼りに点をとり、つながりよく線を入れていきます。衿まわりのパターンにはDカーブルーラーをつかいます。台衿から上衿を外したところです。
d0368074_21062808.jpg


ボディラインを入れているところは、ボディラインを外しながら点を打っていきます。バイアスは伸ばさないよう注意します。
d0368074_15490025.jpg


まだパターンチェックや試着補正での寸法の変更がありますので、縫い代は多めに残すように整えます。
d0368074_15490200.jpg


ドラフティングの準備として、パターンにアイロンをかけ、パターンを紙に写し取ります。文鎮で固定して、カーブなどはDカーブルーラーを使用します。
d0368074_15490328.jpg


パターンを写し取りました。立体→平面の型紙になりました。
d0368074_15490446.jpg

ドレーピング(立体裁断)は、立体から平面へと進んでいきます。平面製図は、平面から立体へと進んでいきます。立体裁断はまずシルエットを把握して、平面にしてパターンを把握しますが、平面はパターンを把握してからシルエットを把握します。それぞれ置き換えることで、違う角度から検討できます。どちらの方法も何度も繰り返す内にシルエットとパターンが頭の中でリンクしてきます。

次にパターンチェックを行っていきます。後ろヨークの縫い合わせですが、0.15センチほど誤差がでました。
d0368074_15490519.jpg


つながりよく修正をかけます。
d0368074_15490725.jpg


修正箇所は布パターンに反映させます。どちらの線が、正しいものか分かるよう、古い線は消します。
d0368074_15431292.jpg

(最近買ったスティック式の消しゴムですが、とても便利です。ピンポイントにこすれるので、布を伸ばしてしまわずに消すことができます。)

線の修正は他にも、正しい線を表す、クルクル線を付ける方法もあります。トワル(シーチング)上で、消しゴムでは消えない場合などに使います。複数回修正をした場合、クルクル数が多い方が最新となります。古い線には取り消し線をいれます。これ以上は赤線で修正します。
d0368074_15431328.jpg


脇の縫い合わせ、アームホールのつながり、ネックラインのつながり、ネックラインと台衿の縫い合せ、台衿と上衿の縫い合せ、裾線とそれぞれ突合せてパターンチェックをしていきます。

パターンチェックが終わったら、試着補正の為に、右半身のみのパターンを複写して全身パターンとします。しかし、今回のシャツはパーツが多い為、全身にした後の大きな修正を避ける為に、一度半身で大まかな仮試着補正を行いたいと思います。次回は仮試着補正とパターンの複写、本試着補正を書けるといいなと思っています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました110.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-11 06:11 | 洋裁記録 シャツブラウス

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧