シャツ 1 (P)

前回はフレアスカート、前々回はゴアードスカートと、スカート続きでしたので、今回はトップスのシャツのパターンメイキングを行ないたいと思います。今はシャツ用の布の在庫がないので、今回はパターンメイキング(型紙起こし)までの予定です。

以前作ったシャツです。台衿がついています。薄手のウールでシワになりにくく、着心地もよく気に入っています。今回はこのデザインをベースに、袖のボリュームを少し押さえ、ポケットをつけたものを作ろうと思います。
d0368074_22064339.jpg


ボディはキイヤのニューキプリス MRS 9ARを使用します。(右半身の肩とヒップに補正を加えています。補正についてはまた別途書きたいと思っています。)私はトールサイズなので、ウエストラインを、ボディのウエストより下げて設定しています。
d0368074_22065876.jpg


ボディにボディテープで、デザイン線を入れていきます。まず、ヨークの前の切り替え線と、前立ての線をデザインします。前立ては今回は2.4センチ幅としました。
d0368074_22071301.jpg


次に、後ろヨークの切り替えをデザインします。
d0368074_09381863.jpg

ボディの準備は完了です。

次に、トワルを裁断します。今回は、湯通し(ノリ抜き)薄手シーチングを使用しています。シャツなので、スカートに比べパーツが多くなります。

前見頃・後ろ見頃・ヨーク・台衿・上衿・袖・カフス・ポケットの8種類です。剣ボロはすでにあるパターンを使用します。
d0368074_21313354.jpg

それぞれ、ドレーピング(立体裁断)のガイドラインとして地の目線を入れ、地直しを行ないます。パーツが多いので名称も入れておきます。

今回は地直し方法を少し細かく書きたいと思います。

最初にカットした状態では、地の目が歪んでいます。布端にいくにつれ歪みは強いです。前見頃のトワルを横から見た図ですが、バストラインが端で大きく曲がっているのが分かります。
d0368074_09382061.jpg


まず、大きな歪みの場合は、歪みをなおす方向へ引っ張り大まかに整えます。
d0368074_09382188.jpg


その後、霧吹きで湿り気を与えて、指先で細かく整えていきます。湿り気があると布はすごく動いてくれます。この時シワなどは無視して、ただ地の目を整えることに集中します。バストラインを真っ直ぐになおしました。まわりの膨らみやツレが歪み分です。
d0368074_09382210.jpg

 
真っ直ぐに整えたバストラインを変えないようアイロンをあてていきます。回りにできた膨らみ部分は地詰めするように押さえ、突っ張っている部分は伸ばしながら押さえていきます。
d0368074_09382383.jpg

L尺などを使って、確認しながらしてもいいと思います。アイロンの熱があるので、プラスチック製ではなく、金属製のものを使います。

定規を使いながらの地直しは手間がかかるので、私は最終チェックぐらいしか使わないことが多いです。人間の目は結構正確で、垂直・水平や直角が違っていると違和感がありある程度分かります。

地直し後。シワもとります。購入時から付いているロール巻きのシワはすごくキツくとれない場合が多いですが、ドレーピング(立体裁断)やシルエット確認の妨げにならない程度まで頑張ってとります。
d0368074_09585598.jpg



袖用トワル
地直し前
d0368074_09382410.jpg


地直し後
d0368074_09382576.jpg


地直しは慣れるまでうまく出来ず大変な工程ですが、枚数を重ねるうちに上達します。地の目の正確さはこの後のドレーピング(立体裁断)やドラフティングに大きく影響します。

トワルは右半身でドレーピング(立体裁断)を行いますが、後で複写して全身パターンにしますので、左半身分も同時に用意しておいてもいいと思います。

次回はドレーピング(立体裁断)を行いたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました102.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
トラックバックURL : https://salondesanuu.exblog.jp/tb/26060791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by salon-de-sanuu | 2017-11-03 10:09 | 洋裁記録 シャツブラウス | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧