フレアスカート(花柄)9 完成

、今回は、ホック付けや仕上げアイロンなどを行ない、完成させたいと思います。

ホックを付けます。穴かがりの要領で、糸をループに通しながら留め付けていきます。布の織りで厚みに差があるので少し手間取りましたが。
d0368074_21392423.jpg


ひもループを付けます。スカートの中で裏地だけがつり上がったり、ずれたりするのを防ぎます。今回は、両脇につけました。
d0368074_10282234.jpg

ループの付け方はゴアードスカート(6枚ハギ)完成回にて解説しています。

仕上げアイロンをかけます。裏側からアイロン馬に載せて、アイロンで手縫いでたくし上げた時についたシワを取ります。また脇の縫い合わせやベルト付けなど、もし割足りない時は、あて布で表からしっかりアイロンをかけておきます。
d0368074_10285278.jpg


これでフレアスカートは完成となります。ボディに着せると、トワルパターンのようにキレイにフレアがでました。
d0368074_22533926.jpg

おぼえがきですが、この布地はリーズナブルなものだったのですが、とても縫いやすかったです。厚みも程よくあり、着心地も軽いです。色柄で縫いの粗さもある程度誤魔化せそうなので初心者さんにもよさそうです。

風合いや色柄的にフレアスカートがベストかなと思います。素敵な色違いもあるので、また制作する際はアップしたいと思います♪
d0368074_10452481.jpg


ここまでお読みいただき、ありがとうございました110.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-10-30 06:01 | 洋裁記録 スカート

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧