フレアスカート(花柄)6(S)

今回は、ファスナー付けと、裾の処理をしたいと思います。
d0368074_07445110.jpg


脇は前回ミシンで縫い合わせましたが、ファスナー開き部分のみしつけ糸でしつけ縫いします。ここをアイロンで割り、チャコでファスナー開きの上下に印を付けます。
d0368074_06474028.jpg


その上に、縫い合わせの中心線とファスナー開きの中心線をあわせて配置し、ピン打ちをしてからしつけ糸で落としじつけをします。
d0368074_06482905.jpg

縫い代だけをすくうように、下に定規などの硬いものを入れると作業しやすいです。

落としじつけが終わったら、縫い合わせのしつけ糸のみをとり、ファスナーを開きます。
表からみるとこのような状態になります。
d0368074_06490443.jpg



ミシンで左右を縫い合わせた後に、表からアイロンをかけるとボワンとした布が落ち着きファスナー部分をキレイに見せることができます。表からなので、あて布をあててアイロンします。
d0368074_06493883.jpg



ファスナーの周りの部分を千鳥がけでスカートの縫い代にのみとめていきます。千鳥がけが終わったら、落としじつけは外します。
d0368074_06503355.jpg


ベルト芯の在庫を切らしてしまいましたので、先に裾の処理をします。

ロックミシンに黒い糸がついていたので、白い糸に変えます。ロックミシン糸は布の色にあわせて変えますが、本数も必要ですし、スカートなどでは使いきることはありません。毎回揃えるのが大変な場合はまず、黒と白(きなり)などがあると代用が可能です。
d0368074_06510335.jpg

ロックミシンの糸交換は、ミシンの様に糸は外しません。前の糸に、新しい糸を結び、空環を出して糸を変えます。普通に結ぶと結び目が針穴を通りませんので、特殊な結び方をします。


糸を変えたら、裾をロックミシンでかがります。端を僅かに歯にかけて裁ち、かがります。
d0368074_06514477.jpg

使い慣れていない内は、この歯に布の別の部分をあててカットしてしまう、という失敗をする方も多いと思います。(私もむかーし経験があり、また同じ人を見てきました、、、)下から送られてくる布を指で確認しながら、進めていきます。

終わり部分は、縫い始まりに繋がったら、歯をロックして動かない様にし、2重でかがって終わらせます。縫い出た糸を解いて裏のロック部分に通すとキレイに処理できます。
d0368074_07495236.jpg


ボディに着せるとこのように状態です。(ウエストのバイアスが伸びてしまわないように、高めに、細かくピン打ちして吊り加減にしています。)トワルはハリが強いのでフレアの角が立っていましたが、想定通り実物では柔らかく丸みのあるフレアになりました♪
d0368074_07393295.jpg


次回は、ベルト付け、裏地の裁断を行ないたいと思います。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました110.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-10-25 19:40 | 洋裁記録 スカート

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧