ゴアードスカート(6枚ハギ)7(P)

今日は試着補正を行います♪

前回組み立てた全身パターンを試着します。試着の際は、完成したときに着用するストッキングや下着、靴などをあわせます。

ファスナー部分はふせピンで止めます。
試着したら色々な角度から補正すべき点がないかを確認します。
・サイズ感
・デザイン
・各ガイドラインの位置

前、脇、後ろ
d0368074_21015629.jpg


補正①赤線の様に後ろの裾線が上がり気味で、黒線のようにヒップトップへ向かってツレがあるので、ヒップ分量を増加し、裾丈を追加したいと思います。
d0368074_13115737.jpg


補正②裾広がりが思いの外広めだったので、少し裾回りを減らそうと思います。
d0368074_21490443.jpg


パターンを補正していきます。

補正①後ろの裾線を1センチほど出し
、後スカート両端のヒップラインに5ミリずつ追加ました。

補正②裾回りを減らす為、後脇スカートの両端を1センチづつと、前脇スカートの後脇側を1センチ減らし、全身の裾回りを半身で3センチ、全身で6センチ減らしました。
d0368074_21492162.jpg


補正後(ピン仕上げ)
裾回りの開きが少なくなりました。斜めの線も消えて、後ろの裾線も落ち着きました。(まだ若干上がりぎみですがトワルの張りが強いので、実物の布では少し落ち分があり、ちょうどよくなるのではないかと思います。)また実物の布での仮縫いで検討します。
d0368074_21495022.jpg


補正が終りましたので、パターンに縫い代をつけて、裁断用の縫い代付パターンにします。今回はウエストラインい1センチ、脇1.5センチ、裾4センチとしました。
線も薄めに書いていましたが、ほぼ最終パターンとなるのでしっかり書きました。
d0368074_07243583.jpg


次回は、裁断と仮縫いをしたいと思います♪

お読みいただきありがとうございます101.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)

[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-09-24 05:26 | 洋裁記録 スカート

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧