タグ:服作り ( 16 ) タグの人気記事

ワンピース(綿花柄)8(P)

今回は、仮縫い、試着補正を行いたいと思います。パターンチェックの終わったパターン(ファーストパターン)を試着補正の為に複写し、縫い合せていきます。

複写したパターンは着丈が長いので、シワがつかないようにボディにとめています。左右間違いの防止にもなります。
d0368074_07491648.jpg


ドレーピングで固定する為に多めにとっていた、前中心と後ろ中心の縫い代は不要になりますので、縫い合せ前にカットしておきます。
d0368074_23594330.jpg
 
BC?

次に縫い合せていきます。前中心は1枚で続きとなりますので、ミシンで普通縫いして、アイロンで縫い代をしっかり割ります。
d0368074_18394946.jpg


その他の縫い合せは、縫い合せのキワを伏せ縫いにします。しつけ糸で手縫いが解きやすいですが、今回は距離が長いので、荒ミシンにしました。針目6の最大です。
d0368074_19571929.jpg

伏せ縫いにすることで、寸法が不足している際に、不足している部分の前後だけを解き、縫い代を出して、着用したままピンを打ち直し補正をすることができます。普通縫いで縫い代を割っていると、ピンの打ち直しがしずらい為です。

縫い合せた後に、カーブの強いところには予め切込みを入れておきます。斜めに切込みを入れるのは、裂けにくくする為です。地の目に対して直角に切込みを入れると、力が加わったときにそこから裂けてしまう可能性があります。
d0368074_00000397.jpg


後ろ中心は縫わずに、着用後ピン仕上げで、試着しました。正式な仮縫いではファスナーをつける場合もあります。自分のもので、協力者がいる場合は、ピン仕上げで済ませます。

前から
d0368074_00051516.jpg


横から
d0368074_00053944.jpg


この段階で、ネックラインの浮き、ヒップのツレ、ウエストのあまりが気になりました。
d0368074_00055293.jpg


紙パターンで補正を行います。いつも補正が出る部分はボディ自体を補正しておくと補正がなく済みます。
d0368074_00061304.jpg


後ろ見頃の肩甲骨周りに、余りがありましたのでカーブを削ります。
d0368074_00063526.jpg


他の不具合箇所も適宜補正を行い、全体のバランスの補正を行いました。補正については一部未公開です。


d0368074_00065691.jpg


横(丈を少しカットしました。裾上がりは、この後取り直しとなります。)
d0368074_00070303.jpg


ファーストパターンの着用時に比べ、全体のバランスが整いました。パソコンでご覧の方は見比べていただけると分かりやすいかと思います。

ネックラインの浮きもなおり、肩を包むようにフィット。浮きがあると肩全体でなく点で着ている場合があります。点でなく面で支えることで被覆圧が分散され、着心地もぐっと良くなります。これは着たときに明らかに違いを実感できる部分です。
d0368074_08204119.jpg


また、敢えて肩の形に添わせずに、ネックラインに向かって立ち上げて、シルエットや体系補正を強調させる場合もあります。(衿有)先日あるブランドの方からコートのパターンで使われているその手法を教えていただいたので、またいつか紹介できたらな(一度検証したのち)と思っています。(そのパターンがブランドの売りだそうで)

次回は補正の終わったパターンの縫い代付け、裁断までいけたらなと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます102.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いませんし、他の洋裁ブログも必見です☆)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-12-05 06:56 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

ワンピース(綿花柄)5(P)

今回はワンピースのドレーピング(立体裁断)の続き、脇と裾のドレーピングを行いたいと思います。

前脇見頃と後ろ脇見頃を、ボディのサイドでつまみ、ピンでとめます。適宜ゆとり、フィットを検討します。カーブの強いウエストはフィットさせるとツレますので、切込みをいれます。
d0368074_00233381.jpg

余分な縫い代を整理します。


前後がつながり、全体像が形作られました。全体のシルエット・バランスを確認した上で、必要があればピン打ちに修正を加えます。
d0368074_00233569.jpg


着丈、裾の位置を決めます。見頃側で着丈位置を決め、裾線にピンを打ちます。その後は同位置を床上がりで確認していきます。
d0368074_00233694.jpg



ピンを打ち終えたら、縫い代を残し余分な布を整理します。
d0368074_00233822.jpg


裾を出来上がりに折り返してピンでとめ、全体のシルエット・バランスを確認します。必要があれば、ピンを打ち直します。


d0368074_00233907.jpg



d0368074_00234138.jpg


後ろ
d0368074_00234213.jpg


写真撮影後も複数ピンを打ち直しドレーピング(立体裁断)は一旦完了となります。次回はドラフティングに入っていきたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました110.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-28 06:54 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

ワンピース(綿花柄)4(P)

今回は、ワンピースのドレーピング(立体裁断)の続き、後ろ見頃のドレーピングを行いたいと思います。

後ろ見頃の中心線をあわせ、ネックラインにピン打ちします。
d0368074_00172664.jpg


次に肩甲骨の位置でまたピンを打ちます。それより下は手をあててなで下げるように、背骨のカーブに布をあわせていきます。
d0368074_00172726.jpg

ネックラインから肩甲骨の山を超え、ウエストに向かって谷になる背骨のS字部分です。通常ウエストラインで1センチほど内に入ってきます。猫背の方やソリ腰の方などボディに補正を加えた状態だとまた違ったカーブが現れます。

腕の動きの要である肩甲骨と、後ろのネックラインにもゆとりをいれながら布を添わせていきます。
d0368074_00172800.jpg



後ろの切り替え線にウエストダーツを消化させてタイトフィッティングに。
d0368074_00172911.jpg

紳士物と婦人物の決定的な違いは、女性の身体はカーブが多いことです。全てそのカーブ通りに作るのではなく、活かす時は活かし、隠す時は隠し、最も美しく見える様にします。

平面・立体どちらの手法にもそれぞれ得意とする部分、メリットがありますがドレーピング(立体裁断)の手法はシルエットを見ながらパターン操作を出来る点が強みの一つです。

余分な布を整理します。後ろの切り替え線はカーブが強く、肩甲骨のカーブも覆います。ここでのコツは、ツレを抑えるため、切込みをいれておくことです。
d0368074_00173177.jpg


後ろ脇の布をあてます。(湿度の高く日でしたので、布がよれてきています。お見苦しいシワ感申し訳ありません。)
d0368074_00193803.jpg


ここでも、同様にウエストダーツを切り替え線に消化させて重ねていきます。
d0368074_00193907.jpg


プリンセスラインを伏せピンで止めます。カーブしていますので、出来上がり(折山)より縫い代は外回りの差分で長くなります。伏せピンで止めると差分が波になって現れます。
d0368074_07302493.jpg

カーブが強いと縫製の難易度があがります。縫製効率重視か、デザイン重視か、着心地重視か、お好みでカーブを緩めにしたり、ゆとり、フィット感を検討しながらピンを打ち替えます。だいぶカーブ強めです。(ウエストラインから上に2個目のピン打ち位置が前後のとのバランスを欠いていますのでこの後修正しました。)

ここまでで、後ろ見頃のドレーピング(立体裁断)は一旦完了です。次回は前後の脇線と裾のドレーピングをしたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました102.pngドレーピング(立体裁断)に興味を持っていただけたら幸いです。

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-26 06:35 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

ワンピース(綿花柄)3(P)

今回は、パターンメイキング、ワンピースのドレーピング(立体裁断)に入って行きたいと思います。

まず、前身頃からピン打ちしていきます。前中心線とバストラインを水平垂直にあて、要所をVピンでとめていきます。
d0368074_00113826.jpg

ポイントとしては、バストトップ間に布を張らせます。布が沈むとその分寸法が変わってしまうからです。事前にバストトップ間に渡し布をしておく手もあります。

バストトップから肩にかけて、鎖骨のゆとりを考慮しながらなで上げていきます。切り替え線とネックラインの交点をピンでとめます。
d0368074_00114024.jpg

はじめはボディの形に沿って、形作ることに意識が向くと思います。ボディは人間の身体と衣服の中間をデフォルメして作られており、それだけでも充分衣服を作ることが出来ますが、より着心地を追求したい場合は、実際そこに人体どの部分があるのか(骨の出っ張りや関節、筋肉)、どれくらい可動する部分なのか、を考えながらピン打ちすることも大切です。かくいう私もまだまだ未熟者、パターンを自由自在、意のままに操ることのできる方へ尊敬の念が絶えません。

さて、ピンを打ち終えたら、余分な縫い代をカットし、前脇のドレーピングに備えます。ボディのバスト寸法は私より大きいので、ゆとりはほぼ無くピン打ちしています。
d0368074_00114159.jpg

多少の修正に対応出来るよう、多めに残しています。今回はタイトフィッティングなので、上半身に関しては大きな変更は無いと思いますし、縫い代が表にひびいて、キレイなシルエットを出せない場合もありますので、出来るだけカットするほうがよいです。

ウエストラインから下は、前脇とあわせてフレア分量を検討するので、広く残しておきます。
d0368074_00114271.jpg



次に、前脇の布をあてていきます。中央のガイドラインが脇のパネルラインの中心且つ、垂直になるようにピン打ちします。
d0368074_00114466.jpg

脇を軽くなであげ、ゆとりをいれながら、無理のないようにボディを包みながら、前身頃に重ねていきます。
d0368074_00114521.jpg

通常ダーツとなる胸ぐせ、ウエストの絞りは、プリンセスラインに消化させます。布を重ねられるように、前身頃のプリンセスラインのピンは一旦倒しています。

袖ぐりのゆとり、バストラインのゆとり、シルエット、立体の服の美しさの肝である面など、総合的に検討しながらピンを打ちます。シルエットが決まったらプリンセスラインに重ねて伏せピンとします。
d0368074_00114765.jpg

シルエットを再確認します。ウエストラインから下のフレアも確認しながらいれていきます。アームホールも整理します。
d0368074_00114802.jpg

胸ぐせダーツがプリンセスラインに消化されています。平面製図を経験された方は、胸ぐせにあるダーツを移動・展開していくので、どこにダーツ分量が存在しているかイメージがわきやすいと思います♪立体裁断は、布の操作、ピン打ちが既にダーツ操作の一部となります。

ここまでで、前見頃、前脇のドレーピング(立体裁断)は一旦完了です。次回は、後ろ見頃、後ろ脇のドレーピングを行いたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます101.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-24 06:33 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

ワンピース(綿花柄)2(P)

今回は、ワンピースの続きを書きたいと思います。

前回ボディにデザイン線を入れたワンピースですが、布地は以前より購入していてずっと眠らせていたこちらを使いたいと思います。

スイス綿100%、メーカーはABRAHAMです。
極薄地、織りと透かしが入っています。
d0368074_08023094.jpg

清涼感のあるピンクの花柄です。折角のプリンセスラインですが、切り替えはほぼ分からなくなると思います。

ドレーピング(立体裁断)用のトワルの準備を行ないます。今回は前身頃、前脇、後ろ脇、後ろ見頃の4パーツの準備となります。

まず地の目を通すことも兼ね、巻きから大きくカットします。
d0368074_23541572.jpg

次に地の目をとっていきます。地の目の取り方は、シャーペンの芯を布の目の1つに軽く差し込み引いていく方法で、ゴアードスカート(6枚ハギ)1(2017/8/13 )で、詳しく記載しております。

今回は、地の目入れの補足を書きたいと思います。地の目を引いていると、たまに力加減や、糸の潰れたり細くなったところで差し込んだ地の目を外れてしまう場合があります(上図)その際は、再度地の目に差し込み正しい地の目を拾い直します(下図)
d0368074_23541667.jpg



地の目を外したときは、目で見てもズレが分かりますし、指先にもカクッと違和感を感じると思います。しかし、中には全く分からないぐらいのズレの場合があります(上図)
気づかずに引いてしまわないよう、よく線を見ておく必要があります。また、見逃しを防ぐ場合は、再度同じ地の目を引いてもいいかもしれません。
d0368074_23541862.jpg

地の目を入れ終えたら、アイロンで地直しをします。ドレーピング(立体裁断)とドラフティングを正確に行う為の重要な工程です。シャツ1(P)2017/11/3で詳しく記載しているのでご興味のある方はご覧いただければと思います。

4パーツの地直しが終わりました。前・後ろ身頃は中心線のガイドライン(端から5センチ)、前・後ろ脇は中央線のガイドラインを入れています。また全てのパーツにウエストラインのガイドライン、前身頃のみバストラインのガイドラインを入れています。
d0368074_23541942.jpg
トールサイズな上に膝下丈にするので、長い長いトワルになりました。

次回は、ワンピースのドレーピング(立体裁断)を行いたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました102.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-21 07:03 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

ワンピース(綿花柄)1(P)

制作履歴第4弾の今回は、ワンピースを作りたいと思います。

こちらは、だいぶ昔に作った花柄のシルクワンピースです。上半身はタイトフィッティングで、ウエストから裾に向かって広がるAラインワンピースです。
d0368074_00374821.jpg

前身頃と後ろ見頃の二枚仕立ての、至極シンプルなパターンです。小花柄でダーツや縫い合せが読み取りにくく、シルエットのみが良く現れています。布地の華やかさがパターンのシンプルさによくあっていると思います。

今回は、こちらのワンピースのようなAラインのワンピースを綿で作りたいと思います。
見頃は、プリンセスライン。後ろ中央にファスナー。ネックラインは少し広めのラウンドネックにしたいと思います。袖は夏物なのでノースリーブで、透ける布地なので裏地も付けます。
d0368074_06171722.jpg

ドレーピング(立体裁断)で形を作りながらキレイなライン、シルエットを探していきます。前回のシャツはボックスシルエットでしたが、今回は少しタイトフィッティングなのでまた違ったピン打ちになると思います♪

まず、ボディの準備をします。ボディにボディテープでデザイン線を入れます。ボディはキイヤのミセス9AR(右半身補正入り)を使用しています。

ネックラインは広め。バストラインからネックラインへ向かうプリンセスラインを少し中央寄りにデザインしました。
d0368074_23244432.jpg

この傾斜の切り替えは無地で作る時はアクセントになると思います。今回は花柄で作る予定なので、この切り替えはあまり日の目を見ないでしょう。

後ろネックラインは前の広めのネックラインとのつながりを滑らかにする為、少し繰りぎみにしました。
d0368074_23244575.jpg

思い通りのネックラインを実現するには前後でバランスをとる必要があり、こういうときはこうするとよい、というものもありますが、それでも時にはデザインを優先させたり、着心地を優先させたりします。

次回は、トワルの準備と使用布地について書きたいと思います。ここまでお読みいただき、ありがとうございました112.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-19 06:25 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

シャツ 8(P)

今回は、シャツの半身試着補正を行いたいと思います。
d0368074_14230838.jpg

ドラフティングの際、平面に戻した布パターンを、試着の為に再組立てしていきます。再組み立ては、ドレーピングとは一部違うところがあります。

方法はしつけ糸で縫いあわせたり、落としじつけにしたり、ミシン縫いしたり、補正の出そうなところはピン止めにしたりと色々ございます。

私は自身の試着補正の場合は、しつけ縫い(普通縫い、落としじつけ)が基本で、着用時に肌に触れない部分は簡単にピンどめで済ませる事も。

ヨークは落としじつけでとめます。前立てはアイロンと簡単にピン仕上げにします。
d0368074_14093057.jpg


上衿はかえり線がありますので、折代が内側に来るように反転させて落としじつけし、台衿は折代が内側に来るように落としじつけし、同時に縫い合せます。互いが逆さまに付いているような格好になります。
d0368074_14093135.jpg

しっかり組み立てるコツ、角や端の縫い合せなどの要所には、ひと目落としてとめるようにします。

互いが逆さまのようですが、上衿をかえり線で折り返すと、折り代が見えない状態になります。
d0368074_14093275.jpg


さらに、見頃とも落としじつけと同時に縫いとめます。ピンで止めてから→落としじつけ
d0368074_14093387.jpg

他にも袖、脇を縫い合せます。
今回は記載を省略しますが、次回はシャツの仮縫いの際はそちらを記載したいと思います。

組み立てができましたら、半身の試着補正を行ないます。試着補正は実際に着用する時を想定して、その時つけるインナーを着用します。

前身頃
d0368074_14093453.jpg



d0368074_14093516.jpg


後ろ
d0368074_14093676.jpg

(実際は自身で試着補正しましたが、今回は左半身がインナーとなりますので、写真はボディにて。)

仮縫いの段階で実際の人間の腕・手で位置を見て、カフスを付けてます。
d0368074_22523943.jpg

ドレーピング(立体裁断)のときにカフスまで付ける方法もありますので、お好みで♪タックを向かい合わせでとってみました。チューリップの花弁の様。ポケットは複写して全身にしてから検討したいと思います。

補正結果ですが、見頃、衿、肩などは補正は無しとし、袖の幅を少し見直し、ヒップ周りの寸法も少し足りなかったので脇で2センチ出しました。また全身試着補正にて確認を行ないます。

次回は全身複写と全身試着補正でパターンメイキング完成を目指したいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます151.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-12 06:31 | 洋裁記録 シャツブラウス | Trackback

シャツ 5 (P)

今回は衿のドレーピング(立体裁断)の続き、上衿のドレーピングを行いたいと思います。
d0368074_06190494.jpg

バックネックポイントにトワルの中心線をあわせ、ピン打ちします。ここは操作している内に、中心線がズレやすいので、Vピンではなく、台衿としっかりとめます。
d0368074_16282102.jpg

サイドネックポイントまで水平にピン打ちします。
d0368074_16282308.jpg

続けてフロントネックポイントまで衿と首との関係をみながら、ピン打ちしていきます。
d0368074_16282482.jpg

バックネックポイントで衿こしを設定し、台衿とヨークの切り替え線が隠れる程度の幅にします。内側に折りながら、衿の形を作っていきます。外折にする方法もあります。
d0368074_16282557.jpg

衿を立てて、切り込みを入れたり、不要な部分をカットしながら行います。
d0368074_16282763.jpg

前まで進んだら、衿先のデザインを検討します。見頃との付き具合も確認します。台衿上のボタンをとめずに着るのであればネックポイントとボディの固定のピンを外して、開襟にして確認したりします。
d0368074_20025317.jpg

気に入っているシャツのデザインを参考にしてもよいと思います♪

上衿のデザインが固まったら、ボディラインテープをつけます。今回は小さめの衿にしてみました。衿先の上衿と台衿の付け根は、中心線とつなげます。今は半身ですが、実際は左右の衿が重なり合う部分になます。
d0368074_16282808.jpg

後ろから
d0368074_16282980.jpg

ここまでで衿のドレーピングは完了となります。複数枚トワルを重ねて形作っていますので、誤差がでている可能性があります。誤差は、この後のドラフティングでパターンチェックを行い、寸法を整えます。次回は袖のパターンメイキング(型紙起こし)を行いたいと思います。

ここまで、お読みいただきありがとうございます110.png
もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-07 06:25 | 洋裁記録 シャツブラウス | Trackback

シャツ 4 (P)

今回は前回の見頃に続いて、衿のドレーピング(立体裁断)を行いたいと思います。台衿付きのシャツカラーにする予定です。
d0368074_07421319.jpg

衿は後ろ中心からドレーピングしていきます。まず、バックネックポイントにトワルの中心線をあててVピンを打ちます。
d0368074_07421919.jpg

バックネックポイントからサイドネックポイントまではガイドラインにそってピン打ちしていきます。カーブにそわせる為、外回りにツレが出てきますので、細かく切り込みを入れてまわしていきます。
d0368074_07422368.jpg

サイドネックポイントからフロントネックポイントまでは、首まわりのゆとりや台衿の立ち具合を確認しながらピン打ちしていきます。ここはお好みです。
d0368074_07422682.jpg

前立ての端までピンを打ちました。
d0368074_07422712.jpg

ドレーピングは、いかに自分の頭の中にあるイメージを形として出すか、あーでもないこーでもないと考えながら黙々と指先を動かし、出てくる形に一喜一憂する、私の好きな工程の1つです110.png

ネックラインに台衿がついたら、上部のデザインをボディテープで入れます。着心地とデザインを考慮しながら、お好みの高さとカーブにしていきます。
d0368074_07422921.jpg

操作しているうちにバイアスの部分や切り込みがあるせいで、伸ばしてしまう場合もあるので注意が必要です。

衿のドレーピングは、少しの操作で首にそった形になったり、離れた形になったり、多種多様に変化します。カーブが強く、パーツも細かいので難しい部分ですが、自分のイメージを出せるととても楽しく感じる部分でもあります。

横からみたところ
d0368074_07423060.jpg

次回は、この台衿の上に、上衿のドレーピングをしていきたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます102.png
もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-06 06:22 | 洋裁記録 シャツブラウス | Trackback

シャツ 1 (P)

前回はフレアスカート、前々回はゴアードスカートと、スカート続きでしたので、今回はトップスのシャツのパターンメイキングを行ないたいと思います。今はシャツ用の布の在庫がないので、今回はパターンメイキング(型紙起こし)までの予定です。

以前作ったシャツです。台衿がついています。薄手のウールでシワになりにくく、着心地もよく気に入っています。今回はこのデザインをベースに、袖のボリュームを少し押さえ、ポケットをつけたものを作ろうと思います。
d0368074_22064339.jpg


ボディはキイヤのニューキプリス MRS 9ARを使用します。(右半身の肩とヒップに補正を加えています。補正についてはまた別途書きたいと思っています。)私はトールサイズなので、ウエストラインを、ボディのウエストより下げて設定しています。
d0368074_22065876.jpg


ボディにボディテープで、デザイン線を入れていきます。まず、ヨークの前の切り替え線と、前立ての線をデザインします。前立ては今回は2.4センチ幅としました。
d0368074_22071301.jpg


次に、後ろヨークの切り替えをデザインします。
d0368074_09381863.jpg

ボディの準備は完了です。

次に、トワルを裁断します。今回は、湯通し(ノリ抜き)薄手シーチングを使用しています。シャツなので、スカートに比べパーツが多くなります。

前見頃・後ろ見頃・ヨーク・台衿・上衿・袖・カフス・ポケットの8種類です。剣ボロはすでにあるパターンを使用します。
d0368074_21313354.jpg

それぞれ、ドレーピング(立体裁断)のガイドラインとして地の目線を入れ、地直しを行ないます。パーツが多いので名称も入れておきます。

今回は地直し方法を少し細かく書きたいと思います。

最初にカットした状態では、地の目が歪んでいます。布端にいくにつれ歪みは強いです。前見頃のトワルを横から見た図ですが、バストラインが端で大きく曲がっているのが分かります。
d0368074_09382061.jpg


まず、大きな歪みの場合は、歪みをなおす方向へ引っ張り大まかに整えます。
d0368074_09382188.jpg


その後、霧吹きで湿り気を与えて、指先で細かく整えていきます。湿り気があると布はすごく動いてくれます。この時シワなどは無視して、ただ地の目を整えることに集中します。バストラインを真っ直ぐになおしました。まわりの膨らみやツレが歪み分です。
d0368074_09382210.jpg

 
真っ直ぐに整えたバストラインを変えないようアイロンをあてていきます。回りにできた膨らみ部分は地詰めするように押さえ、突っ張っている部分は伸ばしながら押さえていきます。
d0368074_09382383.jpg

L尺などを使って、確認しながらしてもいいと思います。アイロンの熱があるので、プラスチック製ではなく、金属製のものを使います。

定規を使いながらの地直しは手間がかかるので、私は最終チェックぐらいしか使わないことが多いです。人間の目は結構正確で、垂直・水平や直角が違っていると違和感がありある程度分かります。

地直し後。シワもとります。購入時から付いているロール巻きのシワはすごくキツくとれない場合が多いですが、ドレーピング(立体裁断)やシルエット確認の妨げにならない程度まで頑張ってとります。
d0368074_09585598.jpg



袖用トワル
地直し前
d0368074_09382410.jpg


地直し後
d0368074_09382576.jpg


地直しは慣れるまでうまく出来ず大変な工程ですが、枚数を重ねるうちに上達します。地の目の正確さはこの後のドレーピング(立体裁断)やドラフティングに大きく影響します。

トワルは右半身でドレーピング(立体裁断)を行いますが、後で複写して全身パターンにしますので、左半身分も同時に用意しておいてもいいと思います。

次回はドレーピング(立体裁断)を行いたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました102.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
by salon-de-sanuu | 2017-11-03 10:09 | 洋裁記録 シャツブラウス | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ?
プロフィールを見る
画像一覧