ワンピース(綿花柄)2(P)

今回は、ワンピースの続きを書きたいと思います。

前回ボディにデザイン線を入れたワンピースですが、布地は以前より購入していてずっと眠らせていたこちらを使いたいと思います。

スイス綿100%、メーカーはABRAHAMです。
極薄地、織りと透かしが入っています。
d0368074_08023094.jpg

清涼感のあるピンクの花柄です。折角のプリンセスラインですが、切り替えはほぼ分からなくなると思います。

ドレーピング(立体裁断)用のトワルの準備を行ないます。今回は前身頃、前脇、後ろ脇、後ろ見頃の4パーツの準備となります。

まず地の目を通すことも兼ね、巻きから大きくカットします。
d0368074_23541572.jpg

次に地の目をとっていきます。地の目の取り方は、シャーペンの芯を布の目の1つに軽く差し込み引いていく方法で、ゴアードスカート(6枚ハギ)1(2017/8/13 )で、詳しく記載しております。

今回は、地の目入れの補足を書きたいと思います。地の目を引いていると、たまに力加減や、糸の潰れたり細くなったところで差し込んだ地の目を外れてしまう場合があります(上図)その際は、再度地の目に差し込み正しい地の目を拾い直します(下図)
d0368074_23541667.jpg



地の目を外したときは、目で見てもズレが分かりますし、指先にもカクッと違和感を感じると思います。しかし、中には全く分からないぐらいのズレの場合があります(上図)
気づかずに引いてしまわないよう、よく線を見ておく必要があります。また、見逃しを防ぐ場合は、再度同じ地の目を引いてもいいかもしれません。
d0368074_23541862.jpg

地の目を入れ終えたら、アイロンで地直しをします。ドレーピング(立体裁断)とドラフティングを正確に行う為の重要な工程です。シャツ1(P)2017/11/3で詳しく記載しているのでご興味のある方はご覧いただければと思います。

4パーツの地直しが終わりました。前・後ろ身頃は中心線のガイドライン(端から5センチ)、前・後ろ脇は中央線のガイドラインを入れています。また全てのパーツにウエストラインのガイドライン、前身頃のみバストラインのガイドラインを入れています。
d0368074_23541942.jpg
トールサイズな上に膝下丈にするので、長い長いトワルになりました。

次回は、ワンピースのドレーピング(立体裁断)を行いたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました102.png

もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
トラックバックURL : http://salondesanuu.exblog.jp/tb/26155154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by salon-de-sanuu | 2017-11-21 07:03 | 洋裁記録 ワンピース | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ?
プロフィールを見る
画像一覧