シャツ 9(P)完成

今回は、パターンメイキング完成となります。

半身パターンを全身に複写します。トワルカット、地直し、複写の工程は記載を省略します。数時間かかる作業ですが、、、あまり面白くないので105.png

全身試着補正です。不自然なシワ、ツレ、被服圧、シルエットなどを総合的に検討します。

d0368074_18170579.jpg



d0368074_18423704.jpg


後ろ
d0368074_18423859.jpg



試着の結果、首回りがキツめだったので補正を入れることにします。また、肩の不足によるわずかなツレも補正。袖をもう少し細めにしたいと思います。
d0368074_08235928.jpg


肩が若干足りずにツレが出ているようでしたので、前身頃とヨークの切替に0.6センチ、後ろ見頃とヨークの切替に0.6センチ足して、肩の不足分を補います。
d0368074_19451179.jpg


それにより、袖ぐり寸法が変わりますので、袖底をあげます。
d0368074_19451232.jpg


ネックラインも少しキツかったのでネックラインのつながり修正と、回り寸法の取り直します。
d0368074_18353939.jpg


ネックラインの修正にあわせて、台衿、上衿も前中心からあてていき、後ろ中心で差分を調整します。
d0368074_18354043.jpg


袖は、前後で1センチづつカットしました。カットした事により、タック分量も減らしました。
d0368074_19421881.jpg


紙パターンの補正結果を布パターンに写し、再度仮縫い・試着をし、確認を行ないます。場合によっては何度も繰り返します。

補正が終わったら、ボタン付け位置やポケット位置を決めます。ポケットをつけるとバストラインが隠れるので補正が終わった後にしていますが、ドレーピングの段階でする場合もあると思います。

完成組み立て
d0368074_21262631.jpg

※左半身はボディの補正をしていないので、若干不均衡があります。

修正後、ツレ、シワ、圧のない(被服圧の少ない)着心地のよい状態になりました。

紙パターンに縫い代を付けて、パターンメイキングは終了、型紙の完成です。
d0368074_19422094.jpg


今はシャツ布地が無いので、このパターンに合うものを見つけたらソーイング(縫製)の回を書きたいと思います。
次回はワンピースを制作予定です♪

ここまでお読みいただきありがとうございました110.png


もしよろしければ、読んだよの合図で下記バナーをクリックいただけると励みになり嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
(別ウィンドウが開きます。それによりこちらにご訪問いただいたことが分かる仕組みになっています♪開いたウィンドウは閉じていただいて構いません。)
[PR]
トラックバックURL : http://salondesanuu.exblog.jp/tb/26138910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by salon-de-sanuu | 2017-11-15 06:32 | 洋裁記録 シャツブラウス | Trackback

オートクチュールでの洋裁製作の記録と興味のある方向けにちょっとした解説も書いていきたいと思います。主に立体裁断(ドレーピング)によるパターンメイキングからソーイングまでのオートクチュール(※)を行っています。モットーは「いいものは探すしかない、ないものは作るしかない」※仮縫い、試着補正を経て仕立てる高級婦人服の意味で使用しています。


by さぬ〜
プロフィールを見る
画像一覧